ニキビは放置しないで治療を受けたほうがいい?

ニキビに限ったことではありませんが、原因を把握した上で改善させなくてはなりません。ニキビは特に自己判断でどうにかなるものだと思われがちですが、なかなか治らずに再発する場合などは早期に医師へ相談するようにしましょう。

ニキビの治療は、刺激が少ない石鹸で洗顔する、食事や睡眠・化粧などの生活習慣を改善する、ストレスを改善することが基本です。それらを行った上でもどうにもならない時は内服薬・外用薬・ホルモン剤・ケミカルピーリング・漢方療法などを選択する必要があります。

外用薬とは塗り薬のことで、ニキビ治療には脱脂剤、角質剥離剤としてイオウ剤、抗炎症剤や抗生物質が含まれている薬を使用します。

内服薬は体内から改善を図るというもので、ビタミンB2、B6、Cを中心に、ニキビが酷い場合は抗生物質も一緒に処方される場合もあります。これらを内服し、アクネ桿菌の活動を抑えて、炎症を鎮静させるのです。

他の治療を行っても改善が見られない場合は性ホルモンの複合剤やアンドロゲン剤、低用量ピルを使用することになります。顔だけでなく、背中や胸に広範囲にわたるニキビや、月経に伴ってニキビ悪化する場合に有効ですが、必ず効果があるわけではなく、副作用のリスクがあるので注意する必要があります。

外側からの治療に面皰圧出法、ケミカルピーリング、レーザー治療、光線治療が挙げられます。面皰圧出法は早期に改善する為に毛穴に詰まった皮脂の塊や膿を押し出すというものです。自分でしてしまうと悪化させてしまう場合があります。

ケミカルピーリングは角質機能が低下している場合に有効で、近年は多く行われるようになった治療法です。種類によってはニキビ跡にも効果があります。

レーザー治療、光線治療は光のエネルギーによってアクネ桿菌などの細菌を殺菌する機器を使用します。 クリアタッチやフォトフェイシャルアクネスが有名です。気になる方は専門家や医師に相談してみてください。

このページの先頭へ