ホルモンバランスの崩れでニキビができるケース

ニキビはホルモンバランスが崩れるとできやすくなるという特徴があります。人間の体からはさまざまな種類のホルモンが分泌されていますが、ニキビと関係があるのはアンドロゲンと黄体ホルモンです。

アンドロゲンとは男性ホルモンの一種で、黄体ホルモンは女性ホルモンです。ホルモンは皮脂の分泌に大きく関わっているので、ホルモンバランスによっては皮脂の量が多くなり過ぎて、ニキビの元となってしまうのです。

女性は生理前になるとニキビができやすくなるという傾向があります。これもホルモンバランスの変化と関係があるのです。生理前の時期は黄体ホルモンが多く分泌されるようになりますが、これが男性ホルモンと似た働きをして、皮脂の量を増やします。

ですから生理前にニキビができやすくなるのは自然なことで、ある程度は仕方がないとも言えます。 生理が始まると黄体ホルモンの分泌量も減りますから、ニキビも治まってきます。

またホルモンはストレスによって分泌量が増加するものもあります。ストレスは男性ホルモンの分泌を盛んにするので、ニキビができやすくなってしまうのです。仕事が忙しいことがストレスの原因になる人もいますし、人間関係などで思い悩んでストレスをためてしまう人もいます。

こうしたストレスを抱えて生活するだけでも大変なのに、ニキビができてしまうとそれがさらなるストレスとなってしまいます。顔にできたニキビはとても気になりますし、つい触ってしまうこともあります。

触ったら悪化するので触らないようにしようと思いつつ、ストレスがたまった状態では行動をコントロールできず、何度もニキビを触って悪化させてしまうことがあります。こうなると悪循環に陥ってしまい、なかなかニキビが完治しなくなってしまいますからストレスには気をつけるようにしましょう。

ストレスを抱えないようにするために、なるべく穏やかに過ごしたり、睡眠をたっぷりとって体を回復させるようにしましょう。

このページの先頭へ