クレーター状のニキビ痕治療

ニキビ痕の残るデコボコ肌のことを、クレーターのようなお肌と表現する事があります。なぜお肌がクレーターのようになってしまうのかというと、ニキビが生まれてしまった際に、菌のたくさんついた指やツメなどで患部をいじってしまうことでそこから菌が入り、皮膚の奥にある真皮層にダメージを与えてしまうためです。

真皮層が傷ついてしまうと、お肌のオーバーターンが上手くできなくなり、そのために肌にデコボコが生まれてしまう、などとも言われています。お肌がクレーター状になってしまうと、治るまでにはうんざりするほどの時間が必要となります。

様々な治療方法がありますが、どの方法をチョイスしても目立たなくなるためには何年もの時間が必要のようです。地道にコツコツと治療を続けていく事が求められますし、それだけ金銭的な負担も大きいことを覚悟しておいた方がいいでしょう。

どのような治療方法があるかというと、まずは体内から改善を目指す方法です。お肌によいといわれる美容成分のビタミンCやコラーゲンのサプリメントの摂取を毎日続けて行きます。

ビタミンCはお肌を白くする働きもありますので、デコボコではないニキビ痕の色素沈着に対しても効果を感じられるのもよい点ではないでしょうか。コラーゲンの場合はお肌のターンオーバーを促進し、もちっとした肌にしてくれるため、お肌の凹凸が目立たなくなってくるようです。

他にもクレーター上のお肌の改善方法は存在します。例えば美容整形手術になりますが、レーザーを用いた施術で、フラクセルなどもそのひとつです。ですが痛みやダウンタイムなどのデメリットもありますし、保険適用外の施術となりますので、一回に掛かる施術代も安くはありません。

治療に必要な回数ですが、お肌のデコボコ具合や体質によっても異なります。一般的には10回以上施術をすることによって、効果を感じられるとも言われているようです。フラクセルを実際試した人の情報を集めるためには、ネットで検索してみるのもいいと思います。

実際に施術を受けた人の生きた感想やリアルな写真などをなどをチェックすることも可能です。またサイト主さんによってはリアルな写真をアップされている人もいます。

クレーター状になってしまったお肌を目立たなくさせるためには、まずは毎日の生活習慣を振り返ってみる必要があるでしょう。そしてニキビをそもそも作らないお肌環境を築いていくことも重要です。体の中から美容成分を摂取したり、スキンケアを頑張ることもクレーター状のお肌を改善するための第一歩です。

このページの先頭へ